【安田記念のデータ分析】人気、ステップレース、血統、年齢など10項目から好走馬の傾向を探る

重賞予想とデータ
スポンサーリンク

7(日)に春のベストマイラー決定戦・安田記念が東京芝1600mで行われる。過去10年のデータから傾向を導き、今年の出走予定馬に当てはめて検証する。

※ページの一番下では各項目に今年の出走予定馬が当てはまったかどうかの一覧表があるのでチェックしよう

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【セントウルS】◎△△で3連単88430円的中
【新潟記念】3連複6770円的中
【札幌記念】▲○◎で3連単10860円的中
【レパードS】▲○×で3連複14320円的中
【アイビスSD】▲○で馬連870円的中
【宝塚記念】○×で馬連3410円的中
【帝王賞】○◎△で3連単1870円的中
【ユニコーンS】◎○で馬連大本線的中
【エプソムC】データ分析で人気薄ならトーラスジェミニ(18番人気3着)を推奨
【安田記念】▲○◎で3連複、馬連的中
【鳴尾記念】×◎△で3連複7730円的中
【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

出走予定馬と予想オッズ

G1・8勝目を狙う女傑アーモンドアイが圧倒的な人気を集めそうだ。昨年の覇者インディチャンプ、悲願のG1制覇を狙うダノンキングリー、このレースを目標に仕上げたグランアレグリア、最近4戦は勝ち星から見放されているがマイルから2000mで無類の強さを見せるダノンプレミアム、マイルG1を3勝しているアドマイヤマーズらが上位人気になりそうだ。

馬名 性齢 斤量 騎手 予想オッズ
アーモンドアイ 牝5 56 ルメール 1.5
インディチャンプ 牡5 58 福永 4
ダノンキングリー 牡4 58 戸崎圭 8
グランアレグリア 牝4 56 池添 10
ダノンプレミアム 牡5 58 レーン 11
アドマイヤマーズ 牡4 58 川田 15
ノームコア 牝5 56 横山典 30
ダノンスマッシュ 牡5 58 三浦 50
ミスターメロディ 牡5 58 北村友 100
タワーオブロンドン 牡5 58 100
ヴァンドギャルド 牡4 58 岩田望 130
ペルシアンナイト 牡6 58 田辺 150
クルーガー 牡8 58 石橋脩 180
ケイアイノーテック 牡5 58 津村 200
セイウンコウセイ 牡7 58 内田博 200
ストーミーシー 牡7 58 横山武 200
ロードクエスト 牡7 58 200

 

スポンサーリンク

1)人気の傾向は?

過去10年の平均配当は馬連が8211円、3連単は22万5996円と荒れている。1番人気【3.1.2.4】は複勝率60%とまずまずだが、2、4番人気【1.0.0.9】が不調。二桁人気【0.2.4.62】は6頭が馬券に絡んでおり、8番人気以下は11頭も馬券圏内に入っており、人気薄の激走に注意が必要だ。今年、2番人気になりそうなのはインディチャンプにとってはあまりいいデータとはいえない。

1番人気は4歳【1.0.2.3】だと不安定だが、5歳【2.1.0.0】は安定しており、5歳馬のアーモンドアイにとっては悪くないデータだ。

人気別成績(過去10年)

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
2 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
3 0-3-2-5 0.0% 30.0% 50.0%
4 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
5 0-2-1-7 0.0% 20.0% 30.0%
6 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
7 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
8 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
9 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
10~ 0-2-4-72 0.0% 2.6% 7.7%

 

スポンサーリンク

2)京王杯スプリングC組なら差し・追込馬

ステップレースはバラバラ。京王杯SC組【2.3.1.30】が出走馬が多いが、好走確率は高くない。京王杯SC組は4角7番手以下【2.3.1.14】だと複勝率30%とまずまずで、逃げ・先行馬は全滅だ。今年の出走予定馬ではケイアイノーテック、ストーミーシーが京王杯SCで後ろから競馬をしていた。

前走のレース別成績(過去10年)

前走レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
京王杯スプリングC 2-3-1-30 5.6% 13.9% 16.7%
ダービー卿CT 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
マイラーズC 1-1-6-36 2.3% 4.5% 18.2%
高松宮記念 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
NHKマイルC 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
安土城S 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
メイS 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
ドバイターフ 1-0-1-2 25.0% 25.0% 50.0%
ヴィクトリアマイル 0-2-0-11 0.0% 15.4% 15.4%
産経大阪杯(G2時) 0-1-1-3 0.0% 20.0% 40.0%
チャンピオンズマイル 0-1-0-11 0.0% 8.3% 8.3%
中山記念 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
マイルチG1 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
大阪杯(G1昇格後) 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%

 

スポンサーリンク

3)マイラーズC組で3着以下からの巻き返しに注意

マイラーズC組【1.1.6.36】は、前走1or2着【0.0.0.14】は全滅。前走3着以下【1.1.6.22】が複勝率26.7%なので、こちらを狙いたい。今年のマイラーズCを快勝したインディチャンプにとっては気になるデータだ。3着のヴァンドギャルドは穴で狙えるかもしれない。

マイラーズC組の前走着順別成績(過去10年)

マイラーズCの着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%
2着 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%
3着 0-0-2-6 0.0% 0.0% 25.0%
4着 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
5着 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
6~9着 0-1-1-5 0.0% 14.3% 28.6%
10着~ 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%

 

スポンサーリンク

4)G1格上げ後の大阪杯は苦戦

G1に格上げされた17年以降の大阪杯組【0.0.1.7】は苦戦している。唯一馬券に絡んだのは、大阪杯を1番人気で勝利したスワーヴリチャード。今年大阪杯で3着に敗れたダノンキングリーは苦戦するかもしれない。

ヴィクトリアマイル組【0.2.0.11】は中2週のためか今ひとつ。ただ、18、19年と最近2年はアエロリットが2着に好走している。最近のトレンドからは、今年の該当馬アーモンドアイ、ノームコア買いといえる。

G1格上げ後の大阪杯の着順別の成績(過去10年)

馬名 人気 着順 前走人気 前走着順
19 サングレーザー 6 5 7 12
19 ステルヴィオ 5 8 6 14
19 ペルシアンナイト 8 10 3 11
18 スワーヴリチャード 1 3 1 1
18 ペルシアンナイト 2 6 6 2
17 ステファノス 4 7 7 2
17 ディサイファ 15 13 13 10
17 アンビシャス 5 15 5 5

 

スポンサーリンク

5)前走1800m組は好走確率が高い

前走の距離別成績は1800m組【2.1.1.7】が複勝率36.4%と好成績を残している。今年の出走予定馬では、ペルシアンナイトが前走中山記念を走って5着だった。

前走の距離別の成績(過去10年)

前走距離 成績 勝率 連対率 複勝率
1200m 1-0-0-6 14.3% 14.3% 14.3%
1400m 3-3-1-32 7.7% 15.4% 17.9%
1600m 4-5-6-76 4.4% 9.9% 16.5%
1800m 2-1-1-7 18.2% 27.3% 36.4%
2000m 0-1-2-13 0.0% 6.3% 18.8%
2200m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
2500m 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
3200m 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

 

スポンサーリンク

6)前走上がり最速馬が好成績

直線の長い東京競馬場で行われる安田記念。決め手が鋭く、最後まで伸び続ける馬の成績がよい。前走の上がり3ハロンの順位別成績では、1位【3.3.2.18】と2位【4.1.0.16】が連対率20%を超えており、好走確率が高かった。今年の出走馬では前走の上がりが1位だったのアーモンドアイ、グランアレグリア、ペルシアンナイト、ヴァンドギャルドで、2位だったのはインディチャンプ、ケイアイノーテック、ノームコア、ロードクエストだ。

前走の上がり3ハロン順位別の成績(過去10年)

前走上がり3ハロン 成績 勝率 連対率 複勝率
1位 3-3-2-18 11.5% 23.1% 30.8%
2位 4-1-0-16 19.0% 23.8% 23.8%
3位 0-0-2-6 0.0% 0.0% 25.0%
4~5位 1-0-2-18 4.8% 4.8% 14.3%
6位~ 1-5-3-62 1.4% 8.5% 12.7%

 

スポンサーリンク

7)パワータイプの馬が活躍

この季節は結構雨が降るため、馬場が重くなる。そのため、シンボリクリスエスやスクリーンヒーロー産駒などパワータイプのロベルト系【2.2.2.11】の成績がよい。今年は出走馬がおらず、ダノンプレミアムは母系がロベルト系だ。

サンデーサイレンス系【4.2.5.77】は複勝率12.5%で、重い馬場は不得手。サンデーサイレンス系なら母系がストームバード系【1.1.1.3】と相性がよい。ダノンキングリーがこの組み合わせだ。

種牡馬の系統別成績(過去10年)

種牡馬の系統 成績 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 4-2-5-77 4.5% 6.8% 12.5%
ロベルト系 2-2-2-11 11.8% 23.5% 35.3%
サドラーズウェルズ系 2-1-0-4 28.6% 42.9% 42.9%
ナスルーラ系 1-2-0-1 25.0% 75.0% 75.0%
キングマンボ系 1-0-2-11 7.1% 7.1% 21.4%
ヴァイスリージェント系 0-2-0-1 0.0% 66.7% 66.7%
ノーザンダンサー系 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
フォーティナイナー系 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%
ミスタープロスペクター系 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%

 

スポンサーリンク

8)近年は4歳が好調

年齢別の成績は、どの年代も好走確率は似ていた。そこで、最近5年の成績を調べたところ4歳【3.1.2.13】が複勝率31.6%と突出していた。5歳【0.2.0.14】は未勝利で、複勝率も12.5%と低かった。今年出走予定の4歳馬はアドマイヤマーズ、グランアレグリア、ダノンキングリー、ヴァンドギャルドだ。

年齢別の成績(過去5年)

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 3-1-2-13 15.8% 21.1% 31.6%
5歳 0-2-0-14 0.0% 12.5% 12.5%
6歳 2-1-2-22 7.4% 11.1% 18.5%
7歳以上 0-1-1-15 0.0% 5.9% 11.8%

 

スポンサーリンク

9)前走500~519キロの馬体重が狙い目

安田記念は、4歳以上の牡馬だと58キロを背負う。また、馬場状態も悪いことが多く、ガッチリしたタイプが好走するケースが目立つ。前走の馬体重別では500~519キロ【3.6.4.37】が複勝率26%と好成績を残している。今年の出走馬ではセイウンコウセイ、タワーオブロンドン、ダノンプレミアム、ペルシアンナイトが当てはまる。(ダノンプレミアムは前走海外レースだったので、前々走を参考にした)

前走の馬体重別の成績(過去10年)

前走馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
420~439kg 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
460~479kg 1-1-1-30 3.0% 6.1% 9.1%
480~499kg 4-2-3-39 8.3% 12.5% 18.8%
500~519kg 3-6-4-37 6.0% 18.0% 26.0%
520~539kg 1-1-0-14 6.3% 12.5% 12.5%
540~ 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%

 

スポンサーリンク

10)東京芝1600mの実績は?

下の表は今年の出走予定馬の東京芝1600mの成績だ。2走以上して複勝率100%なのはアーモンドアイ、インディチャンプ、ノームコア。そして、複勝率66.7%がグランアレグリアだ。これらの馬はコース適性が高く、今回も好走する確率が高そうだ。なお、ダノンキングリーは東京芝1600mは1戦1勝で、新馬戦だった。

東京芝1600mの成績(出走予定馬)

馬名 1着 2着 3着 4着以下 複勝率(%)
アーモンドアイ 2 0 1 0 100
インディチャンプ 2 0 0 0 100
ダノンキングリー 1 0 0 0 100
ノームコア 2 0 1 0 100
グランアレグリア 2 0 0 1 66.7
アドマイヤマーズ 1 0 0 1 50
ダノンプレミアム 1 0 0 1 50
ケイアイノーテック 1 0 0 2 33.3
タワーオブロンドン 0 1 0 2 33.3
ロードクエスト 1 1 0 5 28.6
クルーガー 0 0 1 3 25
ストーミーシー 0 1 1 7 22.2
セイウンコウセイ 0 0 0 1 0
ダノンスマッシュ 0 0 0 1 0
ペルシアンナイト 0 0 0 4 0
ミスターメロディ 0 0 0 1 0
ヴァンドギャルド 0 0 0 1 0

 

スポンサーリンク

まとめ

これまでの10項目をまとめたのが下の表だ。単勝予想オッズ順に並んでおり、該当した箇所は○をつけた。アーモンドアイが最多の4項目に当てはまっていた。3項目に当てはまったのはグランアレグリア、ノームコア、ヴァンドギャルド、ペルシアンナイト。2項目はインディチャンプ、ダノンキングリー、ダノンプレミアム、ケイアイノーテックだ。データからはヴァンドギャルドペルシアンナイトが穴馬としておすすめだ。

馬名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 該当数
アーモンドアイ 4
インディチャンプ 2
ダノンキングリー 2
グランアレグリア 3
ダノンプレミアム 2
アドマイヤマーズ 1
ノームコア 3
ダノンスマッシュ 0
ミスターメロディ 0
タワーオブロンドン 1
ヴァンドギャルド 3
ペルシアンナイト 3
クルーガー 0
ケイアイノーテック 2
セイウンコウセイ 1
ストーミーシー 1
ロードクエスト 1

 

競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
重賞予想とデータ
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド