【大阪杯予想】5強が激突!

重賞予想とデータ
スポンサーリンク

今週は阪神競馬場芝2000mを舞台に大阪杯(G1)が行われる。G1に昇格してから4回目。これまでキタサンブラック、スワーヴリチャード、アルアインが勝利している。今年はどんなレースになるだろうか。

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【セントウルS】◎△△で3連単88430円的中
【新潟記念】3連複6770円的中
【札幌記念】▲○◎で3連単10860円的中
【レパードS】▲○×で3連複14320円的中
【アイビスSD】▲○で馬連870円的中
【宝塚記念】○×で馬連3410円的中
【帝王賞】○◎△で3連単1870円的中
【ユニコーンS】◎○で馬連大本線的中
【エプソムC】データ分析で人気薄ならトーラスジェミニ(18番人気3着)を推奨
【安田記念】▲○◎で3連複、馬連的中
【鳴尾記念】×◎△で3連複7730円的中
【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

有力馬をチェック

12頭立てと頭数は少ないが、好メンバーが揃った。まずは有力馬の長所と短所を確認しよう。

クロノジェネシス

昨年は休み明けで秋華賞を完勝。前走の京都記念ではカレンブーケドールに2馬身半差をつけて快勝。

秋華賞を勝っており、2000m前後がベストの距離。タフな流れに強い
スローペースの切れ味勝負はあまり得意ではない。鞍上の北村友一騎手は今年6勝と不調(4月3日現在)

 

ブラストワンピース

一昨年、3歳で有馬記念を勝利。4歳で札幌記念を制し、5歳となった今年は前走アメリカJCCを完勝。凱旋門賞の後遺症はなさそうだ。

川田騎手に乗り替わってから、国内では2戦2勝
3歳の夏以降、2走続けて好走したことがない。昨年のこのレースで1番人気に支持されて6着に敗れた

 

ダノンキングリー

ハイレベルの中山記念をラッキーライラック相手に快勝。3歳時は共同通信杯でアドマイヤマーズ、毎日王冠でアエロリットに勝ち、これまで芝1800mの重賞を3戦無敗。初G1制覇に向けて視界良好だ。

ベストの距離は芝1800か2000m
G1は3戦して未勝利。多頭数の厳しい流れでどうか。関西への輸送も1度のみの経験でマイルCS5着だった

 

ラッキーライラック

2歳時に阪神ジュベナイルFを勝利したが、3歳はアーモンドアイに敗れ続けて無冠。4歳秋にスミヨンに乗り替わったエリザベス女王杯を快勝した。休み明けの中山記念は、ダノンキングリーに敗れたが2着とまずまず。

昨年秋にエリザベス女王杯を勝ち、もうワンランク強くなった
オルフェーヴル産駒なので、気性が少し心配

 

ワグネリアン

昨年は未勝利に終わったが、4戦すべてで掲示板に上がった。大阪杯とジャパンカップは3着とまずまずの走りだった。

ダービー馬がそろそろ完全復活の勝利を決めたい
4歳で未勝利。5歳になって上がり目があるか疑問

 

スポンサーリンク

出走表とオッズ

4月4日(土)の19時30分現在のオッズ。ダノンキングリーが3.5倍で1番人気。ブラストワンピースクロノジェネシスラッキーライラックワグネリアンが5倍前後で続いている。

馬番 馬名 単勝 性齢 重量 騎手 調教師
1 ロードマイウェイ 17 牡4 57 武 豊 杉山 晴紀
2 サトノソルタス 47 牡5 57 藤岡 康太 堀 宣行
3 ブラストワンピース 4.8 牡5 57 川田 将雅 大竹 正博
4 ワグネリアン 5.7 牡5 57 福永 祐一 友道 康夫
5 ラッキーライラック 5.3 牝5 55 M.デムーロ 松永 幹夫
6 レッドジェニアル 69 牡4 57 酒井 学 高橋 義忠
7 ステイフーリッシュ 52 牡5 57 岩田 康誠 矢作 芳人
8 ダノンキングリー 3.5 牡4 57 横山 典弘 萩原 清
9 マカヒキ 21 牡7 57 L.ヒューイットソン 友道 康夫
10 ジナンボー 46 牡5 57 藤岡 佑介 堀 宣行
11 カデナ 39 牡6 57 鮫島 克駿 中竹 和也
12 クロノジェネシス 5.1 牝4 55 北村 友一 斉藤 崇史

 

スポンサーリンク

見解

スローペースになりそうなメンバー構成だが、阪神芝2000mは直線が短いため、有力馬は早めに仕掛ける。そのため、ロングスパート合戦となりタフなレースになりそう。

本命はラッキーライラック。昨秋にエリザベス女王杯を勝って、ワンランク強くなった。M・デムーロは今回が2度目の騎乗。前走の中山記念を叩いて仕上がった。

対抗はクロノジェネシス。切れ味勝負では分が悪いが、厳しい流れでは強い。北村友一騎手の腕の見せどころ。

単穴はジナンボー。前が残る展開ならロードマイウェイよりこちらに注目。仕上がりよく、アパパネの次男が大舞台で穴をあける。

ブラストワンピースは昨年1番人気で6着。コース適性が疑問。ダノンキングリーはロングスパート合戦でやや不安。ワグネリアンは5歳で上がり目に疑問。これらの有力馬は抑えまで。

 

スポンサーリンク

買い目

ラッキーライラッククロノジェネシスを軸に勝負。

馬連(9点)

5-12、10、3、8、4
12-10、3、8、4

3連複(16点)

1頭目:5、12
2頭目:5、12、10、3、8、4
3頭目:5、12、10、3、8、4

3連単(40点)

1着:5、12
2着:5、12、10、3、8、4
3着:5、12、10、3、8、4

競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
重賞予想とデータ
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド