【3重賞ともに伏兵が勝利】NHKマイルC、新潟大賞典、京都新聞杯のレース回顧

ニュース
スポンサーリンク

(ラウダシオンに騎乗したM・デムーロ騎手は昨年のアドマイヤマーズに続きNHKマイルC連覇を達成)

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【セントウルS】◎△△で3連単88430円的中
【新潟記念】3連複6770円的中
【札幌記念】▲○◎で3連単10860円的中
【レパードS】▲○×で3連複14320円的中
【アイビスSD】▲○で馬連870円的中
【宝塚記念】○×で馬連3410円的中
【帝王賞】○◎△で3連単1870円的中
【ユニコーンS】◎○で馬連大本線的中
【エプソムC】データ分析で人気薄ならトーラスジェミニ(18番人気3着)を推奨
【安田記念】▲○◎で3連複、馬連的中
【鳴尾記念】×◎△で3連複7730円的中
【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

NHKマイルCはラウダシオンが勝利

2020年5月10日、東京競馬場芝1600mでNHKマイルC(G1)が行われた。今週も無観客競馬での開催で、馬場状態は良。レシステンシアが単勝3倍で1番人気に支持された。

強風の中レースが行われ、レシステンシアの逃げる展開。1000m通過は58秒0。直線に入ってもレシステンシアが粘るが、残り200mで2番手追走のラウダシオンが先頭に立って押し切った。2着はレシステンシアが粘り、3着争いはギルデットミラータイセイビジョンを押さえた。

強風のためか、逃げたレシステンシア、番手のラウダシオン、インで先行したギルデッドミラーとタイセイビジョンが上位を占めて、差し・追い込み馬や外枠は用なしのレースとなった。

ラウダシオンはスタート直後に気合を入れて、逃げたレシステンシアにプレッシャーをかけつつ2番手を確保。M・デムーロ騎手の見事な判断が勝利につながった。

レシステンシアが輸送が影響したのか、マイナス6キロで馬体は細く見せた。完調ではなかったが、2着に粘ったのは流石。

ギルデッドミラータイセイビジョンは内枠に恵まれた。どちらも力は出した。今後もマイル重賞で上位争いをしそうだ。

内枠と先行馬が有利な中、外枠の差し・追い込み馬ルフトシュトローム(5着)とウイングレイテスト(7着)はよく追い込んだ。天候や展開、馬場が違えば差し切り勝ちの可能性はあった。今後、外差しが決まる重賞で一発が期待できる。

NHKマイルCの結果

着順 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 着差 人気
1 11 ラウダシオン 牡3 57 M.デムーロ 01:32.5 9
2 3 レシステンシア 牝3 55 C.ルメール 1 1/2 1
3 6 ギルデッドミラー 牝3 55 福永 祐一 3/4 6
4 2 タイセイビジョン 牡3 57 石橋 脩 ハナ 2
5 14 ルフトシュトローム 牡3 57 D.レーン 1 1/4 4

 

 

スポンサーリンク

新潟大賞典はトーセンスーリヤが重賞初制覇

2020年5月10日、新潟競馬場芝2000mで新潟大賞典(G3)が行われた。良馬場。1番人気はレッドガランだが単勝4.7倍と混戦模様。

アトミックフォースが逃げる展開。1000m通過は59秒7。直線に入ると、4番手を進んだトーセンスーリヤが最内から抜け出して1着アトミックフォースが2着に逃げ粘り、3着争いはプレシャスブルーが追い込んだ。10→7→14番人気の順で決まり、3連単は56万馬券となった。

トーセンスーリヤは前走の3勝クラスに続く連勝で重賞初制覇。横山和生騎手の判断がよかった。

アトミックフォースも前走3勝クラスを勝っていた。4歳なので、今後が楽しみだ。

前走3勝クラスを勝った馬同士の決着となった。

プレシャスブルーは14番人気で3着。買える要素はなかったが、前残りの競馬で後ろから差したので強い内容だ。次走も期待しよう。

新潟大賞典の結果

着順 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 着差 人気
1 9 トーセンスーリヤ 牡5 54 横山 和生 01:58.6 10
2 12 アトミックフォース 牡4 54 武藤 雅 1 1/2 7
3 14 プレシャスブルー 牡6 54 石川 裕紀人 3/4 14
4 7 ブラヴァス 牡4 55 柴山 雄一 ハナ 2
5 4 インビジブルレイズ 牡6 56 吉田 隼人 2 1/2 3

 

▼前走3勝クラスを勝っている馬は、このレースは【1.0.2.6】で複勝率33.3%と好調なので、1、2着馬は押さえたが、馬券は外れた予想はコチラ
【新潟大賞典予想】ローカルG3ハンデ戦は荒れるのか?
新潟大賞典が10(日)に新潟芝2000mで行われる。昨年の勝ち馬メールドグラースは、秋にオーストラリ...
スポンサーリンク

京都新聞杯はディープボンドが勝つ

2020年5月9日、京都競馬場芝2200mで京都新聞杯(G2)が行われた。良馬場。アドマイヤビルゴが単勝1.4倍で圧倒的な支持を集めた。

シルヴェリオが逃げて、1000m通過は58秒3の速い流れ。道中4番手につけたアドマイヤビルゴは外から進出して直線を迎える。直線半ば頃にアドマイヤビルゴが先頭に立った瞬間、その後ろで待機していたディープボンドマンオブスピリットが一気に抜き去った。最後はディープボンドがクビ差で勝利した。内から伸びたファルコニアが3着に入り、アドマイヤビルゴは4着に敗れた。

ディープボンドはキズナ産駒。道中はアドマイヤビルゴをマーク。鞍上の和田騎手が直線では上手に舵を取り、アドマイヤビルゴとマンオブスピリットの間から抜け出した。追って味のあるタイプで、勝負根性もある。1勝馬で皐月賞に挑戦しただけのことはある。

アドマイヤビルゴは4コーナーで大事を取って大外から上がったため、ロスがあった。ただし、完璧に騎乗していても勝てなかっただろう。前走の強烈な勝利とセレクトセールで5億8000万円(税抜)というのが、過剰人気にしていたのかも。ここを完勝してコントレイルに挑戦状を叩きつけるというシナリオは崩れた。

2着のマンオブスピリットと3着のファルコニアは、まずまずの競馬だった。今後が楽しみだ。

京都新聞杯の結果

着順 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 着差 単勝人気
1 6 ディープボンド 牡3 56 和田 竜二 02:11.7 4
2 11 マンオブスピリット 牡3 56 北村 友一 クビ 3
3 10 ファルコニア 牡3 56 川田 将雅 1 1/2 2
4 8 アドマイヤビルゴ 牡3 56 藤岡 康太 1/2 1
5 9 イロゴトシ 牡3 56 小崎 綾也 2 1/2 13

 

競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
ニュース
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド