【1着馬は◎×◎】マイラーズC、フローラS、福島牝馬Sの結果とレース回顧

ニュース
スポンサーリンク

(写真は2019年のフローラS。2020年の福島牝馬Sを勝ったフェアリーポルカ(桃帽)と2020年のフローラSを勝ったウインマリリンと同じ馬主「ウイン」のウインゼノビア(赤帽)が出走していた)

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【セントウルS】◎△△で3連単88430円的中
【新潟記念】3連複6770円的中
【札幌記念】▲○◎で3連単10860円的中
【レパードS】▲○×で3連複14320円的中
【アイビスSD】▲○で馬連870円的中
【宝塚記念】○×で馬連3410円的中
【帝王賞】○◎△で3連単1870円的中
【ユニコーンS】◎○で馬連大本線的中
【エプソムC】データ分析で人気薄ならトーラスジェミニ(18番人気3着)を推奨
【安田記念】▲○◎で3連複、馬連的中
【鳴尾記念】×◎△で3連複7730円的中
【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

マイラーズCはインディチャンプが楽勝

2020年4月26日、京都競馬場芝1600mでマイラーズC(G2)が行われた。今週も無観客競馬での開催で、馬場状態は良。インディチャンプが単勝1.6倍の圧倒的な1番人気に支持された。

レースは外枠のランスオブプラーナが逃げて、ベステンダンクが2番手の展開。インディチャンプは離れた3、4番手のインにつける。直線に入るとベステンダンクが先頭に立つが、インディチャンプが手綱を持ったままで並びかけ、あっさりと交わすと2馬身差をつけて快勝。2着にベステンダンクが粘り込み、最後に追い込んだヴァンドギャルドが3着だった。

58キロの斤量が心配されたインディチャンプだったが楽勝だった。次走は安田記念の連覇と、国内古馬マイルG1・3連勝の期待がかかる。

 

マイラーズCのレース結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 着差 単勝人気
1 1 インディチャンプ 牡5 58 福永 祐一 01:32.4 1
2 5 ベステンダンク 牡8 56 藤岡 佑介 2 7
3 7 ヴァンドギャルド 牡4 56 岩田 望来 1 1/2 2
4 6 ロードクエスト 牡7 56 松若 風馬 1/2 8
5 10 ヴァルディゼール 牡4 56 北村 友一 1 1/4 3
スポンサーリンク

フローラSはウインマリリンが勝ちオークスの権利を奪取

東京競馬場芝2000mではオークストライアルのフローラS(G2)が行われた。良馬場だが、強風が吹き荒れる厳しい展開。スカイグルーヴが単勝2.1倍の1番人気に支持された。

シャンドフルールが逃げる展開で1000m通過が58秒6のハイペース。3番手で直線を迎えたレッドルレーヴとその後ろにつけていたスカイグルーヴの人気2頭が抜け出したが、両馬ともに残り200mでパッタリと脚が止まる。道中インの4番手で我慢していたウインマリリンが抜け出し、中からホウオウピースフル、外からフアナが伸びる。ゴール前は3頭の叩き合いとなり、ウインマリリンが勝利。クビ差でホウオウピースフルが2着に入り、両馬がオークスへの優先出走権を手にした。

ウインマリリンに騎乗した横山武史騎手はJRA重賞初制覇。デビュー4年目の若手で、父は横山典弘騎手。ウインマリリンはコスモヴューファームの生産で、馬主はウイン。父はスクリーンヒーロー。

フアナはホウオウピースフルにクビ差の3着。外から抜け出すまでに時間かかったのが最後に響いた。スカイグルーヴはマイナス14キロの馬体減が響いたためか最後に脚が止まった。レッドルレーヴは好位の外目から早めに先頭に立ったが7着。強風の影響をモロに受けたのが影響した。

フローラSの結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 着差 単勝人気
1 3 ウインマリリン 牝3 54 横山 武史 01:58.7 4
2 7 ホウオウピースフル 牝3 54 D.レーン クビ 2
3 16 フアナ 牝3 54 L.ヒューイットソン クビ 5
4 15 ショウナンハレルヤ 牝3 54 田辺 裕信 2 7
5 9 スカイグルーヴ 牝3 54 C.ルメール 1 1/4 1
スポンサーリンク

福島牝馬Sはフェアリーポルカが勝って重賞連勝

25(土)の福島競馬場芝1800mで福島牝馬S(G3)が行われた。エスポワールが単勝2.8倍の1番人気に支持され、デンコウアンジュが5倍で続いた。

レースはモルフェオルフェが逃げるが、4コーナー手前でランドネが先頭に立つ。直線でほとんどの馬が外に膨れる中、14番スタートから道中インにもぐりこんだフェアリーポルカはロスなくコーナーを回る。残り100mで逃げ込みを図るランドネを交わしてフェアリーポルカが勝利。外から追い込んだリープフラウミルヒが2着に入った。

フェアリーポルカは前走の中山牝馬Sに続く重賞を制覇。3→13→15人気で入り、3連単は225万円の大波乱となった。

フェアリーポルカに騎乗した和田竜二騎手は高松宮記念でクリノガウディーに騎乗した際、他馬を妨害したために騎乗停止の処分を受けていた。騎乗停止が明けた今週、巧みな騎乗でフェアリーポルカを勝利に導いた。

福島牝馬Sの結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 着差 単勝人気
1 14 フェアリーポルカ 牝4 54 和田 竜二 01:46.8 3
2 5 リープフラウミルヒ 牝5 54 丹内 祐次 3/4 13
3 16 マルガイランドネ 牝5 54 西村 淳也 1 1/4 15
4 6 カリビアンゴールド 牝6 54 秋山 真一郎 ハナ 5
5 3 サラキア 牝5 54 吉田 隼人 3/4 4

 

▼前走不良馬場で勝利したフェアリーポルカが、むしろ良馬場で強いと◎を打った福島牝馬Sの予想記事はこちら
【福島牝馬S2010予想】和田騎手が復帰戦を飾るか?
(写真は2019年オークスのフェアリーポルカ) 25(土)の注目レースは古馬牝馬による重賞、福...
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
ニュース
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド