【やっぱり強かった】ヴィクトリアマイル、京王杯スプリングCのレース回顧

ニュース
スポンサーリンク

(昨年、安田記念に出走したアーモンドアイ)

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

ヴィクトリアマイルはアーモンドアイが勝利

2020年5月17日、東京競馬場芝1600mでヴィクトリアマイル(G1)が行われた。今週も無観客競馬での開催で、馬場状態は良。アーモンドアイが単勝1.4倍で圧倒的な1番人気に支持された。

トロワゼトワルが逃げる展開。1000m通過は56秒7。直線に入ると4番手を追走したアーモンドアイがあっさりと抜け出して、他馬を突き放す。鞍上のルメール騎手は多少気合をつけた程度で、2着に4馬身差をつけて楽勝した。2着は道中3番手を進んだサウンドキアラノームコアがゴール直前に逃げたトロワゼトワルをとらえて3着に入った。

1000m通過が56秒7だが、上がり3ハロンは33秒9と速く、後方待機馬はまったく出番のない馬場だった。

アーモンドアイは格の違いを見せつけた。広々とした東京で不利がなければ、ここまで強いとは改めて驚きだ。

2着のサウンドキアラは大外枠が不安視されたが、全く問題なかった。鞍上の松山騎手が上手に乗った。来週のデアリングタクトも楽しみだ。

ノームコアはスタートが悪かったが3着まで巻き返した。昨年の勝ち馬はやはり強かった。

逃げたトロワゼトワルは、2着と差のない4着に粘った。前残りの馬場のおかげでもあるが、力はつけている。

ラヴズオンリーユー、プリモシーンは展開が向かなかった。

 

ヴィクトリアマイルCの結果

着順 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 着差 人気
1 12 アーモンドアイ 牝5 55 C.ルメール 01:30.6 1
2 18 サウンドキアラ 牝5 55 松山 弘平 4 4
3 16 ノームコア 牝5 55 横山 典弘 クビ 5
4 13 トロワゼトワル 牝5 55 三浦 皇成 1/2 12
5 7 ダノンファンタジー 牝4 55 川田 将雅 1/2 6

 

 

スポンサーリンク

京王杯スプリングCはダノンスマッシュが勝利

2020年5月16日、東京競馬場芝1400mで京王杯スプリングC(G2)が行われた。稍重馬場。1番人気はタワーオブロンドンだが単勝3.5倍。有力馬は馬場状態と距離が不安視された。

セイウンコウセイではなく、ダノンスマッシュが大外枠から先手を奪う展開。直線に入ると、好位を追走したグルーヴィットとステルヴィオが、ダノンスマッシュの内と外から襲い掛かる。その差は詰まらず、ダノンスマッシュが上がり33秒1でまとめて押し切った

乗り替わりのレーン騎手が、またしても腕達者なところを見せつけた。不安視された1400mの距離は問題なかった。ダノンスマッシュはこれで重賞5勝目。次こそはG1獲りを果たしたい。

一昨年のマイルCSの覇者ステルヴィオは、結果の出ない時期があったが、ようやく復調した。次走以降も楽しみ。

グルーヴィットはやはり左回りは走る。

人気のタワーオブロンドンは直線伸びを欠いて8着。58キロの斤量と馬場状態が響いた。

 

京王杯スプリングCの結果

着順 馬番 馬名 性齢 重量 騎手 タイム 人気
1 13 ダノンスマッシュ 牡5 56 D.レーン 1:19.8 2
2 12 ステルヴィオ 牡5 57 川田 将雅 3/4 4
3 2 グルーヴィット 牡4 56 M.デムーロ 43894 3
4 1 ラヴィングアンサー 牡6 56 吉田 豊 アタマ 12
5 9 セイウンコウセイ 牡7 57 内田 博幸 クビ 7

 

競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
ニュース
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド