【フィエールマンが連覇】天皇賞春、青葉賞の結果とレース回顧

ニュース
スポンサーリンク

(写真は2016年NHKマイルCのメジャーエンブレム。ルメールが騎乗し、サンデーレーシングの勝負服、ノーザンファーム産でのG1制覇は、天皇賞春を勝ったフィエールマンと同じ組み合わせだ)

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【セントウルS】◎△△で3連単88430円的中
【新潟記念】3連複6770円的中
【札幌記念】▲○◎で3連単10860円的中
【レパードS】▲○×で3連複14320円的中
【アイビスSD】▲○で馬連870円的中
【宝塚記念】○×で馬連3410円的中
【帝王賞】○◎△で3連単1870円的中
【ユニコーンS】◎○で馬連大本線的中
【エプソムC】データ分析で人気薄ならトーラスジェミニ(18番人気3着)を推奨
【安田記念】▲○◎で3連複、馬連的中
【鳴尾記念】×◎△で3連複7730円的中
【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

天皇賞春はフィエールマンが連覇

2020年5月3日、京都競馬場芝3200mで天皇賞・春(G1)が行われた。今週も無観客競馬での開催で、馬場状態は良。フィエールマンが単勝2倍で1番人気に支持された。

ダンビュライトの逃げで始まり、1コーナーの入り口でキセキが先頭に立つ。よどみのない流れで縦長の展開となり、3コーナーで後方にいたミッキースワローメイショウテンゲンが仕掛けてペースアップ。直線の半ばあたりで、3番手を追走していたスティッフェリオが先頭に立つ。そこに、後方待機していたフィエールマンが猛然と襲い掛かり、馬体を並べてゴール。ハナ差、フィエールマンが交わしていた。3着争いは、インで粘ったユーキャンスマイルをミッキースワローが差した。

上がり3ハロンは36秒0。タフな流れをキセキが作り、ステイヤーのスティッフェリオの出番となった。

フィエールマンは後方からの競馬。3コーナーで後ろにいた馬に先に仕掛けられる厳しい流れ。調子も万全ではなさそうだったが、地力で差し切った。

3着のミッキースワローと4着のユーキャンスマイルは力を証明した。

キセキは課題だったスタートを決めたが、掛かり気味に先頭に立ち、直線の伸びを欠いた。気性に問題があり、今後も厳しいレースとなりそうだ。

 

天皇賞・春のレース結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 単勝人気
1 14 フィエールマン 牡5 58 C.ルメール 03:16.5 1
2 6 スティッフェリオ 牡6 58 北村 友一 ハナ 11
3 5 ミッキースワロー 牡6 58 横山 典弘 2 1/2 4
4 7 ユーキャンスマイル 牡5 58 浜中 俊 クビ 2
5 3 トーセンカンビーナ 牡4 58 藤岡 康太 1 3/4 7

 

▼ハイペースとスローペースのどちらでも対応できる馬券で勝負したが、スティッッフェリオは抜けていた予想記事はこちら
【天皇賞・春予想】どんな展開でも対応できる馬券で勝負!
3(日)は京都競馬場芝3000mを舞台に天皇賞・春が行われる。フィエールマンの連覇なるか、それとも新...

 

スポンサーリンク

青葉賞はオーソリティが勝ってダービーの出走権を奪取

2(土)に東京競馬場芝2400mでダービートライアルの青葉賞(G2)が行われた。良馬場。フィリオアレグロが単勝2.6倍で1番人気、フライライクバードが単勝4.1倍で2番人気、差がなくオーソリティが3番人気に支持された。

フィロロッソが逃げて、サーストンカイドーが2番手の展開。1000m通過は60秒4。直線に入ると、中団のインを進んだフィリオアレグロが最内から抜け出す。中からヴァルコス、外からオーソリティが襲い掛かり、ゴール直前でオーソリティが交わしてゴール。クビ差の2着にヴァルコス、さらにクビ差でフィリオアレグロが入った。

勝ったオーソリティと2着のヴァルコスはダービーへの優先出走権を獲得。

オーソリティは道中はインを追走。直線に入って上手に外持ち出して進路を確保。鋭く伸びて1着でゴール。ヒューイットソン騎手の手綱さばきが光った。弥生賞で皐月賞の権利を取りながらパスして、このレースに絞ったのが良かった。

ヴァルコスが2着。追って味のある伸び脚を披露した。本格化するのはもう少し先だと思われたが、ダービーの権利をつかんだ。

フィリオアレグロは最内をつく競馬。D・レーンらしい騎乗だったが、ゴール前で1、2着馬が併せ馬になったの分、伸び脚で劣った。最内をついたのが仇となる珍しいケースでの3着。これだから競馬はわからない。

5着のメイショウボサツは出遅れ、道中は掛ってしまい、最後の伸びが今ひとつだった。スムーズな競馬ができなかったのが悔やまれる。

青葉賞の結果

着順 馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手 タイム 単勝人気
1 3 オーソリティ 牡3 56 L.ヒューイットソン 02:23.0 3
2 7 ヴァルコス 牡3 56 三浦 皇成 クビ 4
3 1 フィリオアレグロ 牡3 56 D.レーン クビ 1
4 4 ブルーミングスカイ 牡3 56 北村 宏司 1 1/4 8
5 12 メイショウボサツ 牡3 56 吉田 豊 1 3/4 5

 

▼青葉賞の過去のデータから予想した記事。前走1勝クラスを勝っている3頭がオススメと指摘しながらもヴァルコスを押さえにしてしまい▲△△のタテ目に
【青葉賞予想】ダービーの出走権を手にするのは?
2(土)はダービートライアルの青葉賞が東京芝2400mで行われる。混戦模様だが、2着までに入って日本...
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
ニュース
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド