【目黒記念のデータ分析】人気、ステップレース、ハンデ、血統など7項目から好走馬の傾向を探る

重賞予想とデータ
スポンサーリンク

31(日)の日本ダービーの後の最終12レースに目黒記念が行われる。舞台は東京競馬場芝2500m。過去10年のデータから傾向を導き、今年の出走予定馬に当てはめて検証する。

※ページの一番下では各項目に今年の出走予定馬が当てはまったかどうかの一覧表があるのでチェックしよう

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【セントウルS】◎△△で3連単88430円的中
【新潟記念】3連複6770円的中
【札幌記念】▲○◎で3連単10860円的中
【レパードS】▲○×で3連複14320円的中
【アイビスSD】▲○で馬連870円的中
【宝塚記念】○×で馬連3410円的中
【帝王賞】○◎△で3連単1870円的中
【ユニコーンS】◎○で馬連大本線的中
【エプソムC】データ分析で人気薄ならトーラスジェミニ(18番人気3着)を推奨
【安田記念】▲○◎で3連複、馬連的中
【鳴尾記念】×◎△で3連複7730円的中
【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

出走予定馬と予想オッズ

これといった本命馬がおらず、混戦模様。昨年秋のアルゼンチン共和国2着の実績があるタイセイトレイル、2019年以降の重賞で7度も馬券に絡んでいるステイフーリッシュ、成長著しい4歳のオセアグレイト、ポジスラ、前走メトロポリタンSを勝利したウラヌスチャームなどが上位人気になりそうだ。

馬名 性齢 斤量 騎手 厩舎 予想オッズ
タイセイトレイル 牡5 55 Mデムーロ 矢作 4
ステイフーリッシュ 牡5 57.5 坂井 矢作 4
オセアグレイト 牡4 55 ルメール 菊川 4
ウラヌスチャーム 牝5 54 松山 斎藤誠 7
ボスジラ 牡4 54 武豊 国枝 8
キングオブコージ 牡4 54 横山典 安田翔 15
ニシノデイジー 牡4 56 田辺 高木 20
アフリカンゴールド セ5 55 福永 西園 25
アイスバブル 牡5 55 津村 池江 30
ミライヘノツバサ 牡7 56 木幡巧 伊藤大 35
ノーブルマーズ 牡7 56 高倉 宮本 40
ヒシゲッコウ 牡4 52 石橋脩 50
バラックパリンカ 牡4 54 和田 平田 60
ゴールドギア 牡5 53 三浦 伊藤圭 70
ポポカテペトル 牡6 55 北村友 友道 90
サトノクロニクル 牡6 56 武藤 池江 100
メートルダール 牡7 56 浜中 戸田 150
サンレイポケット 牡5 52 高橋忠 150
ミスマンマミーア 牝5 52 寺島 200
チェスナットコート 牡6 54 矢作 200
パリンジェネシス セ6 54 清水久 300
トラストケンシン 牡5 53 高橋文 300
アドマイヤアルバ セ5 53 吉田豊 須貝 400
ミュゼエイリアン セ8 54 黒岩 400
ベイビーステップ 牡6 52 菊川 400

 

スポンサーリンク

1)2番人気が不振

過去10年の平均配当は馬連が9291円、3連単は16万2512円と荒れている。1番人気【1.3.2.4】は複勝率60%とまずまずだが、1勝で勝ち切れず。2番人気【0.1.0.9】は不振で、ほかの上位人気も安定していない。二桁人気【1.2.1.70】は4頭が馬券に絡んでいる。今年は混戦模様で、現時点で人気を予想するのは難しい。

人気別成績(過去10年)

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
2 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
3 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
4 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
5 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
6 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
7 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
8 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
9 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
10~ 1-2-1-70 1.4% 4.1% 5.4%

 

スポンサーリンク

2)3勝クラスかオープン特別を勝っていた馬が好成績

ステップレースは一応メトロポリタンS組【2.2.3.31】が主力だが、ほかはバラバラ。クラス別成績ではオープン特別組【4.4.3.46】が好走馬が多い。前走オープン特別で1~2着【2.3.2.11】だと複勝率38.8%とまずまずで、3着以下【2.1.1.35】は複勝率10.3%と成績が悪い。ウラヌスチャームが前走オープン特別で勝利している。

前走3勝クラス組は、馬券に絡んだ5頭中4頭が前走勝利していた。今年の出走予定馬ではキングオブコージ、ゴールドギア、バラックパリンカ、ミスマンマミーアが該当する。

前走重賞組【4.3.6.62】は実績馬が期待を裏切り凡走することが多く、そのため荒れる結果になっている。この中では7歳【2.0.2.9】が複勝率30.8%で狙い目だ。今年の出走予定馬ではノーブルマーズ、ミライヘノツバサが当てはまる。

前走のレース別成績(過去10年)

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
2勝クラス 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%
3勝クラス 2-3-0-20 8.0% 20.0% 20.0%
OPEN特別 4-4-3-46 7.0% 14.0% 19.3%
G3 3-0-2-11 18.8% 18.8% 31.3%
G2 0-2-2-27 0.0% 6.5% 12.9%
G1 1-1-2-24 3.6% 7.1% 14.3%

 

スポンサーリンク

3)ハンデは54~57キロが狙い目

目黒記念はハンデ戦で行われる。トップハンデ【1.0.1.11】は期待を裏切ることが多く、57.5キロ以上の重いハンデ【1.0.1.22】も苦戦している。軽ハンデもイマイチで53キロ以下【1.1.1.24】は好走確率が低い。54~57キロ【8.9.8.88】が好走馬が多く、複勝率22.1%とまずまずだ。今年の出走予定馬ではステイフーリッシュが57.5キロを背負うのが気になるところだ。

斤量別の成績(過去10年)

斤量 成績 勝率 連対率 複勝率
~48kg 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
50kg 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%
51kg 1-1-0-4 16.7% 33.3% 33.3%
52kg 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0%
53kg 0-0-1-5 0.0% 0.0% 16.7%
54kg 4-1-3-30 10.5% 13.2% 21.1%
55kg 1-3-2-23 3.4% 13.8% 20.7%
56kg 1-3-2-26 3.1% 12.5% 18.8%
56.5kg 0-1-1-1 0.0% 33.3% 66.7%
57kg 2-1-0-8 18.2% 27.3% 27.3%
57.5kg 0-0-0-14 0.0% 0.0% 0.0%
58kg 1-0-1-5 14.3% 14.3% 28.6%
58.5kg 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
59kg 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%

 

スポンサーリンク

4)グレイソヴリン系が相性が良い

サンデーサイレンス系やキングマンボ系は日本で主流のため、出走馬が多い。狙い目はグレイソヴリン系だ。種牡馬【1.1.0.9】と母父【2.2.2.8】のどちらにもランクインしている。東京芝2500mはスタートが坂下にあるため2度の坂越えが必要なタフなコースのため、トニービンをもつグレイソヴリン系が好成績を残している。今年の出走予定馬ではノーブルマーズ、サンレイポケット、バラックパリンカが当てはまる。

種牡馬の系統別成績(過去10年)

種牡馬の系統 成績 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 5-9-7-75 5.2% 14.6% 21.9%
キングマンボ系 2-0-2-14 11.1% 11.1% 22.2%
ロベルト系 2-0-0-12 14.3% 14.3% 14.3%
グレイソヴリン系 1-1-0-9 9.1% 18.2% 18.2%
ヴァイスリージェント系 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

母父の系統別成績(過去10年)

母父の系統 成績 勝率 連対率 複勝率
グレイソヴリン系 2-2-2-8 14.3% 28.6% 42.9%
サンデーサイレンス系 2-0-2-22 7.7% 7.7% 15.4%
リファール系 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
ノーザンダンサー系 1-1-2-15 5.3% 10.5% 21.1%
ミスタープロスペクター系 1-1-1-13 6.3% 12.5% 18.8%
ニジンスキー系 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
セントサイモン系 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
キングマンボ系 0-2-0-2 0.0% 50.0% 50.0%
ロベルト系 0-1-1-19 0.0% 4.8% 9.5%
ヘロド系 0-1-0-3 0.0% 25.0% 25.0%
ナスルーラ系 0-1-0-4 0.0% 20.0% 20.0%
ヴァイスリージェント系 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
ヌレイエフ系 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%

 

スポンサーリンク

5)5歳馬が好成績

年齢別の成績では5歳【3.7.1.36】が連対率21.3%と好走確率が高い。上位人気が予想される馬の中ではタイセイトレイル、ウラヌスチャーム、ステイフーリッシュ、アフリカンゴールド、アイスバブルなどが5歳馬だ。

年齢別の成績(過去10年)

年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 2-2-3-26 6.1% 12.1% 21.2%
5歳 3-7-1-36 6.4% 21.3% 23.4%
6歳 2-1-2-27 6.3% 9.4% 15.6%
7歳以上 3-0-4-45 5.8% 5.8% 13.5%

 

スポンサーリンク

6)前走2番人気以内

前走でもある程度、人気を背負っていた馬が好走する傾向にある。前走1or2番人気【4.5.4.21】だと複勝率38.2%と成績がよい。前走2番人気以内だった馬はオセアグレイト、キングオブコージ、トラストケンシン、ヒシゲッコウだ。

前走の人気別成績(過去10年)

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 2-2-1-13 11.1% 22.2% 27.8%
2 2-3-3-8 12.5% 31.3% 50.0%
3 1-1-0-13 6.7% 13.3% 13.3%
4 1-1-1-18 4.8% 9.5% 14.3%
5 0-0-1-11 0.0% 0.0% 8.3%
6~9 3-2-2-22 10.3% 17.2% 24.1%
10人~ 1-1-2-48 1.9% 3.8% 7.7%

 

スポンサーリンク

7)重賞を勝利していた馬は苦戦する

過去10年で馬券に絡んだ30頭の内、過去に重賞を勝っていたのはのべ6頭。24頭が重賞未勝利だった。重賞勝ちのあるステイフーリッシュ、メートルダール、サトノクロニクル、ミライヘノルバサ、ミュゼエイリアンは割引が必要だ。

馬券圏内馬の重賞実績(過去10年)

目黒記念の成績 重賞成績
フェイムゲーム 2015年1着、2016年3着 4勝(1年目は3勝)
ヒットザターゲット 2017年1着 4勝
マリアライト 2016年2着 1勝
ルルーシュ 2013年2着 1勝
パフォーマプロミス 2018年3着 1勝

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまでの7項目をまとめたのが下の表だ。単勝予想オッズ順にならんでおり、該当した箇所は○をつけた。最多の4項目に当てはまったのはウラヌスチャーム、キングオブコージ、ノーブルマーズだ。3項目に該当したのはタイセイトレイル、オセアグレイト、アフリカンゴールド、アイスバブル、バラックパリンカ、ゴールドギア、サンレイポケット、ミスマンマミーア、トラストケンシン。人気同様にデータからの狙い目も混戦模様だ。

馬名 1 2 3 4 5 6 7 該当数
タイセイトレイル 3
ステイフーリッシュ 1
オセアグレイト 3
ウラヌスチャーム 4
ボスジラ 2
キングオブコージ 4
ニシノデイジー 2
アフリカンゴールド 3
アイスバブル 3
ミライヘノツバサ 2
ノーブルマーズ 4
ヒシゲッコウ 2
バラックパリンカ 3
ゴールドギア 3
ポポカテペトル 2
サトノクロニクル 1
メートルダール 1
サンレイポケット 3
ミスマンマミーア 3
チェスナットコート 2
パリンジェネシス 2
トラストケンシン 3
アドマイヤアルバ 2
ミュゼエイリアン 1
ベイビーステップ 1
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
重賞予想とデータ
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド