【京都新聞杯データ分析】人気、ステップレース、生産者、血統から好走馬の傾向を探る

重賞予想とデータ
スポンサーリンク

(写真は2016年の勝ち馬スマートオーディン)

9(土)にダービーへの最終便・京都新聞杯(G2)が京都芝2200mで行われる。2013年にはキズナがこのレースを勝って、日本ダービーも制している。過去10年のデータから傾向を占う。

※出走馬確定後、リライトしました(5/8)

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

出走予定馬と予想オッズ

新馬、若葉Sと連勝したアドマイヤビルゴが圧倒的な人気を集めそうだ。スプリンングSの4着馬ファルコニアも上位人気になりそうだ。

馬名 騎手 単勝予想オッズ
アドマイヤビルゴ 藤岡康 1.5
ファルコニア 川田 4
マンオブスピリット 北村友 9
シルヴェリオ 西村淳 15
ディープボンド 和田 22
メイショウダジン 50
プレシオーソ 北村宏 60
キングオブドラゴン 坂井 65
ホウオウエクレール 川須 100
サペラヴィ 秋山真 150
イロゴトシ 小崎 200
アンセッドヴァウ 藤岡佑 200
キッズアガチャー 高倉 200

 

スポンサーリンク

人気の傾向は?

過去10年の平均配当は馬連が4173円、3連単は7万9493円。1番人気【2.2.2.4】で取りこぼすことも多い。2番人気【2.4.0.4】は連対率60%で、こちらの方が成績が良い。3番人気【3.0.0.7】は最多の3勝を挙げているが、2、3着はなし。二桁人気【1.1.2.58】は4頭が馬券に絡んでいる。1番人気はアドマイヤビルゴ、2番人気はファルコニア、3番人気にはマンオブスピリットかがなりそうだ。

人気別成績(過去10年)

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 2-2-2-4 20.0% 40.0% 60.0%
2 2-4-0-4 20.0% 60.0% 60.0%
3 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
4 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
5 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
6 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
7 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
8 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
9 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
10~ 1-1-2-58 1.6% 3.2% 6.5%

 

スポンサーリンク

ステップレースは1勝クラス組が中心だが

ステップレースは1勝クラス組【6.5.4.52】は好走馬が多い。1勝クラス組の中では、芝2000m以上で連対していると【5.3.1.19】複勝率32.1%と成績がよい。ただし、今年の出走予定馬に該当馬はいない

毎日杯組【2.0.2.6】は複勝率40%と好走確率が高い。勝利した2頭は毎日杯でも勝っており、3着の2頭は毎日杯で4、7着だった。今年の毎日杯で5着だったメイショウダジンは押さえておいてもいいかもしれない。

若葉S組は【0.2.0.3】。馬券に絡んだ2頭は京都新聞杯で1or2番人気だった。若葉Sを勝利して1番人気が予想されるアドマイヤビルゴは馬券に絡みそうだ。

皐月賞組【1.1.1.10】。2013年以降は馬券に絡んだ馬が出ておらず、今年の皐月賞で10着だったディープボンドにとっては少し気になるデータだ。

重賞組【4.3.5.26】は複勝率31.6%。重賞で4着以内【2.1.2.3】だと複勝率62.5%と信頼できる。前走スプリングSで4着だったファルコニアは期待できそうだ。

前走のレース別成績(過去10年)

前走レース 成績 勝率 連対率 複勝率
1勝クラス 6-5-4-52 9.0% 16.4% 22.4%
毎日杯 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
皐月賞 1-1-1-10 7.7% 15.4% 23.1%
共同通信杯 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
若葉S 0-2-0-3 0.0% 40.0% 40.0%
スプリングS 0-1-0-4 0.0% 20.0% 20.0%
ラジオNIKKEI杯2歳S 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
弥生賞 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%
すみれS 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
きさらぎ賞 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%

 

スポンサーリンク

生産者はノーザンより社台

生産者の成績は社台ファーム【4.2.2.8】が複勝率50%と圧倒的に成績がよい。社台ファーム産が1~3番人気【2.1.1.1】だと堅実。上位人気が予想されるファルコニアは期待できそうだ。キングオブドラゴンも社台ファーム産だ。

ノーザンファーム【2.4.5.31】は馬券に絡んだ馬は最多だが、複勝率は26.2%。1~2番人気【1.3.1.3】はまずまずだが、3~5番人気【1.0.1.14】は凡走確率が高い。今年の出走予定馬ではアドマイヤビルゴは1番人気になりそうだ。マンオブスピリット、シルヴェリオは3~5番人気になる可能性がある。

生産者別の成績(過去10年)

生産者 成績 勝率 連対率 複勝率
社台ファーム 4-2-2-8 25.0% 37.5% 50.0%
ノーザンファーム 2-4-5-31 4.8% 14.3% 26.2%
岡田スタツド 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
ノースヒルズ 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
細川農場 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
スカイビーチステーブル 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
杵臼牧場 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
富田牧場 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
飛野牧場 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
Joan Hadley Thoroughbreds 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
社台コーポレーション白老ファーム 0-0-1-4 0.0% 0.0% 20.0%
木村牧場 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
パカパカファーム 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

 

スポンサーリンク

種牡馬別はディープインパクト

種牡馬別の成績ではディープインパクト産駒【3.3.5.14】が複勝率44%と圧倒的だ。1~3番【2.3.1.4】だと複勝率60%に跳ね上がる。今年の出走馬で3番人気以内になりそうなアドマイヤビルゴ、ファルコニアにとっては、安心できるデータだ。

ハーツクライ産駒【0.2.0.9】は取りこぼすことが多い。シルヴェリオ、キングオブドラゴンがハーツクライ産駒だ。

種牡馬別の成績(過去10年)

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3-3-5-14 12.0% 24.0% 44.0%
タニノギムレット 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
マンハッタンカフェ 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
ステイゴールド 1-0-1-4 16.7% 16.7% 33.3%
キングカメハメハ 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
ダノンシャンティ 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
ネオユニヴァース 0-2-1-5 0.0% 25.0% 37.5%
ハーツクライ 0-2-0-9 0.0% 18.2% 18.2%
ハービンジャー 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
アグネスタキオン 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
Stephen Got Even 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
ルーラーシップ 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
スペシャルウィーク 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
ヘクタープロテクター 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
スポンサーリンク

まとめ

1番人気が予想されるアドマイヤビルゴはデータ面からの不安はなさそうだ。2番人気が予想されるファルコニアもよさそうだ。シルヴェリオはあまりいいデータはなかった。穴候補は毎日杯5着のメイショウダジンだ。

競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
重賞予想とデータ
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド