【ユニコーンSのデータ分析】人気、ステップレース、血統、キャリアなど7項目から好走馬の傾向を探る

重賞予想とデータ
スポンサーリンク

21(日)に3歳のダート重賞・ユニコーンSが東京ダ1600mで行われる。過去10年のデータから傾向を導き、今年の出走予定馬に当てはめて検証する。

※ページの一番下では各項目に今年の出走予定馬が当てはまったかどうかの一覧表があるのでチェックしよう

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【セントウルS】◎△△で3連単88430円的中
【新潟記念】3連複6770円的中
【札幌記念】▲○◎で3連単10860円的中
【レパードS】▲○×で3連複14320円的中
【アイビスSD】▲○で馬連870円的中
【宝塚記念】○×で馬連3410円的中
【帝王賞】○◎△で3連単1870円的中
【ユニコーンS】◎○で馬連大本線的中
【エプソムC】データ分析で人気薄ならトーラスジェミニ(18番人気3着)を推奨
【安田記念】▲○◎で3連複、馬連的中
【鳴尾記念】×◎△で3連複7730円的中
【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

出走予定馬と予想オッズ

新馬、ヒヤシンスSと連勝したカフェファラオが人気を集めそうだ。デビューから2戦続けてダートで楽勝しているレッチェバロック、ダートは負け知らずのデュードヴァンと芝でもダートでも走るタガノビューディも上位人気になりそうだ。

馬名 性齢 斤量 騎手 予想オッズ
カフェファラオ 牡3 56 レーン 2
レッチェバロック 牝3 54 ルメール 4
デュードヴァン 牡3 56 Mデムーロ 5
タガノビューティー 牡3 56 和田 6
フルフラット 牡3 56 石橋脩 25
サトノラファール 牡3 56 三浦 30
メイショウベンガル 牡3 56 戸崎圭 35
オーロラテソーロ 牡3 56 木幡巧 50
キタノオクトパス 牡3 56 田辺 60
サンダーブリッツ 牡3 56 横山典 100
スリーグランド 牡3 56 太宰 100
ラブリーエンジェル 牝3 54 120
アポロアベリア 牡3 56 武藤 120
ケンシンコウ 牡3 56 酒井 150
フォーテ 牡3 56 150
サンライズホープ 牡3 56 川須 200
キッズアガチャー 牡3 56 丸田 200
マカオンブラン 牡3 56 内田博 200

 

スポンサーリンク

1)1~3番人気が安定している

過去10年の平均配当は馬連が2566円、3連単は4万4761円と堅く収まっている。1番人気【3.3.0.4】は連対率60%とまずまずで、2、3番人気は複勝率が70、80%と堅実だ。連対馬20頭中17頭が1~3番人気。今年はカフェファラオ、レッチェバロック、デュードヴァンが1~3番人気になりそうだ。

人気別成績(過去10年)

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 3-3-0-4 30.0% 60.0% 60.0%
2 3-3-1-3 30.0% 60.0% 70.0%
3 4-1-3-2 40.0% 50.0% 80.0%
4 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
5 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
6 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
7 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
8 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
9 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
10~ 0-0-1-65 0.0% 0.0% 1.5%

 

スポンサーリンク

2)オープン特別連対or1勝クラス圧勝

ステップレースはバラバラ。交流重賞の兵庫CS組【3.1.1.5】なら前走連対しているのが好走条件だが、今年の該当馬はいない。

前走オープン特別組【4.9.6.55】は、前走連対【3.8.4.13】だと複勝率53.5%と好走確率が高い。今年の出走馬ではカフェファラオ、サトノラファール、デュードヴァンが前走オープン特別を勝利している。

1勝クラス組は馬券に絡んだ4頭中3頭が前走0秒5差以上をつけて勝利していた。今年の出走予定馬ではオーロラテソーロ、メイショウベンガル、レッチェバロックが前走1勝クラス組で圧勝していた。

前走のレース別成績(過去10年)

前走レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
兵庫CS 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0%
青竜S 1-3-3-15 4.5% 18.2% 31.8%
鳳雛S 1-1-1-8 9.1% 18.2% 27.3%
伏竜S 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
1勝クラス(特別を含む) 1-0-3-42 2.2% 2.2% 8.7%
昇竜S 1-0-1-6 12.5% 12.5% 25.0%
NHKマイルC 1-0-0-7 12.5% 12.5% 12.5%
三浦特別 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
端午S 0-3-0-14 0.0% 17.6% 17.6%
いぶき賞 0-1-1-2 0.0% 25.0% 50.0%
UAEダービー 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%

 

前走のクラス別成績(過去10年)

前走クラス 成績 勝率 連対率 複勝率
1勝クラス 1-0-3-47 2.0% 2.0% 7.8%
2勝クラス 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
オープン特別 4-9-6-55 5.4% 17.6% 25.7%
G3 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
G2 0-0-0-2 0.0% 0.0% 0.0%
G1 1-0-0-10 9.1% 9.1% 9.1%
地方 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0%
海外 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
スポンサーリンク

3)前走2番人気以内が好成績

前走の人気別成績では、前走1番人気【4.4.3.20】と前走2番人気【2.1.3.14】が複勝率30%を超えていた。やはり前走でもある程度、支持されていないと厳しいようだ。前走1~2番人気はアポロアベリア、カフェファラオ、キタノオクトパス、サンライズホープ、タガノビューティー、レッチェバロックだ。

前走の人気別の成績(過去10年)

前走人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 4-4-3-20 12.9% 25.8% 35.5%
2 2-1-3-14 10.0% 15.0% 30.0%
3 1-1-3-16 4.8% 9.5% 23.8%
4 0-2-0-7 0.0% 22.2% 22.2%
5 2-0-0-9 18.2% 18.2% 18.2%
6~9 1-2-1-30 2.9% 8.8% 11.8%
10~ 0-0-0-27 0.0% 0.0% 0.0%

 

スポンサーリンク

4)ゴールドアリュール産駒が3勝

種牡馬別の成績はバラバラ。今年の出走予定馬ではゴールドアリュール産駒【3.0.0.6】サトノラファールクロフネ産駒【0.1.1.2】メイショウベンガルヘニーヒューズ産駒【1.0.1.4】タガノビューティーマジェスティックウォリアー産駒【1.0.0.0】サンライズホープなどが狙い目だ。

種牡馬別の成績(過去10年)

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ゴールドアリュール 3-0-0-6 33.3% 33.3% 33.3%
シンボリクリスエス 1-0-2-2 20.0% 20.0% 60.0%
ヘニーヒューズ 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
ブライアンズタイム 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
フジキセキ 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
トワイニング 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
Majestic Warrior 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
クロフネ 0-1-1-2 0.0% 25.0% 50.0%
キングカメハメハ 0-1-1-6 0.0% 12.5% 25.0%
マンハッタンカフェ 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
アグネスタキオン 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
ファスリエフ 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
アドマイヤオーラ 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
Mineshaft 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
Daiwa Major 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
ルーラーシップ 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
フレンチデピュティ 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
ネオユニヴァース 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
Henny Hughes 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
トランセンド 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
ディープインパクト 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
カネヒキリ 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

 

スポンサーリンク

5)キャリア7、8戦が好成績

キャリア別成績では7戦【1.2.4.13】が複勝率35%、8戦【1.2.3.13】が複勝率31.6%と好走確率が高い。サンダーブリッツがキャリア8戦、ラブリーエンジェルがキャリア7戦だ。

キャリア4~6戦で馬券に絡んだ12頭は、すべて1~3番人気に支持されていた。今年の1~3番人気になりそうな中でデュードヴァンはキャリア4戦だが、カフェファラオレッチェバロックはキャリア2戦なのが気がかりだ。

キャリア別の成績(過去10年)

キャリア 成績 勝率 連対率 複勝率
2戦 0-0-0-33 0.0% 0.0% 0.0%
3戦 0-0-0-33 0.0% 0.0% 0.0%
4戦 2-1-0-14 11.8% 17.6% 17.6%
5戦 2-2-1-15 10.0% 20.0% 25.0%
6戦 3-1-0-17 14.3% 19.0% 19.0%
7戦 1-2-4-13 5.0% 15.0% 35.0%
8戦 1-2-3-13 5.3% 15.8% 31.6%
9戦 0-0-1-12 0.0% 0.0% 7.7%
10戦~ 0-0-2-16 0.0% 0.0% 11.1%

 

スポンサーリンク

6)前走、前で競馬した馬が好走する

ユニコーンSは直線の長い東京コースで行われるが、ある程度自分から動くことができる自在性が要求される。前走の4コーナー通過別の成績では1~3番手は好走確率が高いが、4番手以下だった場合は苦戦傾向にある。今年の出走予定馬で前走4角を1~3番手で通過したのは、オーロラテソーロ、キタノオクトパス、サンライズホープ、フォーテ、マカオンブラン、メイショウベンガル、レッチェバロックだ。

前走の4コーナー通過別の成績(過去10年)

前走4角通過 成績 勝率 連対率 複勝率
1番手 2-1-1-8 16.7% 25.0% 33.3%
2番手 3-2-0-13 16.7% 27.8% 27.8%
3番手 2-0-4-12 11.1% 11.1% 33.3%
4番手以下 2-5-5-71 2.4% 8.4% 14.5%

 

スポンサーリンク

7)前走軽めの馬体重が結果を出している

ダート馬はパワータイプが多く、馬体重が重いイメージがあるはず。だが、このレースではそうではないようだ。前走の馬体重が460~479キロ【2.3.7.22】が複勝率35.3%と好走確率が高い。今年はケンシロウ、サンダーブリッツ、デュードヴァン、フォーテ、マカオンブラン、レッチェバロックが該当する。

前走の馬体重別の成績(過去10年)

前走馬体重 成績 勝率 連対率 複勝率
420~439kg 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
440~459kg 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
460~479kg 2-3-7-22 5.9% 14.7% 35.3%
480~499kg 2-2-2-41 4.3% 8.5% 12.8%
500~519kg 3-2-0-24 10.3% 17.2% 17.2%
520~539kg 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
スポンサーリンク

まとめ

最多の4項目に該当したのはデュードヴァン。3項目にはカフェファラオ、レッチェバロック、メイショウベンガル、サンライズホープが当てはまった。メイショウベンガルは中位人気、サンライズホープは人気薄になりそうなので、狙い目だ。フルフラットは該当ゼロだが、前走がサウジアラビアのサンバサウジダービーだったので、比較する項目が少なかったので、それほど気にする必要はないかもしれない。

馬名 1 2 3 4 5 6 7 該当数
カフェファラオ 3
レッチェバロック 3
デュードヴァン 4
タガノビューティー 2
フルフラット 0
サトノラファール 2
メイショウベンガル 3
オーロラテソーロ 2
キタノオクトパス 2
サンダーブリッツ 2
スリーグランド 0
アポロアベリア 1
ラブリーエンジェル 1
ケンシンコウ 1
フォーテ 2
キッズアガチャー 0
サンライズホープ 3
マカオンブラン 2

 

競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
重賞予想とデータ
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド