【NHKマイルCデータ分析】人気、生産者、ステップレース、血統、人気薄から好走馬の傾向を探る

重賞予想とデータ
スポンサーリンク

3歳馬によるマイル王決定戦・NHKマイルCが、10(日)に東京芝1600mで行われる。過去10年のデータを今年の出走予定馬に当てはめて傾向を占う。

※出走馬確定後、リライトしました

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

出走予定馬と予想オッズ

阪神JFのチャンピオンで桜花賞2着馬のレシステンシアがここに参戦。毎日杯を快勝した3戦3勝のサトノインプレッサ、朝日杯FSの2着馬タイセイビジョン、ニュージーランドTを無敗で勝ったルフトシュトローム。この4頭が人気を集めそうだ。

鋭い末脚が武器のギルデッドミラー、スプリングS3着馬サクセッション、ファルコンSの1、2着馬シャインガーネットラウダシオン、ニュージーランドTで不利がありながら3着のウイングレイテスト、原田の夢を乗せたプリンスリターンなど伏兵陣も多彩。難しいレースになりそうだ。

 

馬名 騎手 単勝予想オッズ
レシステンシア ルメール 3
サトノインプレッサ 武豊 4
タイセイビジョン 石橋脩 4.5
ルフトシュトローム レーン 6
サクセッション 横山典 20
ギルデッドミラー 福永 25
シャインガーネット 田辺 30
ラウダシオン Mデムーロ 35
ウイングレイテスト 横山武 40
ラインベック 津村 45
プリンスリターン 原田和 55
ストーンリッジ 松田 100
ボンオムトゥック 田中勝 120
ハーモニーマゼラン 大野 200
ニシノストーム 江田照 300
ソウルトレイン 500
メイショウチタン 吉田豊 500
シャチ 500

 

スポンサーリンク

人気の傾向は?

過去10年の平均配当は馬連が8271円、3連単は31万1345円と荒れている。1番人気【5.0.0.5】は勝つか馬券圏外とはっきりしている。2番人気【2.3.1.4】は複勝率60%とまずまず。二桁人気【1.3.3.83】は7頭馬券に絡んでいる。今年の人気がどうなるかは難しいが、単勝1、2番人気になりそうなのはレシステンシア、サトノインプレッサ、タイセイビジョンだ。

人気別成績(過去10年)

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 5-0-0-5 50.0% 50.0% 50.0%
2 2-3-1-4 20.0% 50.0% 60.0%
3 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
4 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
5 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
6 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
7 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
8 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
9 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
10~ 1-3-3-83 1.1% 4.4% 7.8%

 

スポンサーリンク

生産者別の成績は?

生産者別成績ではノーザンファーム【6.2.6.31】が圧倒的に好成績を残している。ノーザンファーム産は1番人気【4.0.0.2】と2番人気【2.0.0.2】に支持されると勝つか馬券圏外というはっきりとした成績だ。3番人気【0.1.1.4】、4番人気【0.0.1.3】は未勝利、5番人気以下【0.1.4.20】は3着が多い。

今年のノーザンファーム産はレシステンシア、タイセイビジョン、ルフロシュトロームが上位4番人気までに入りそうだ。5番人気以下になりそうなのはサクセッション、ギルデッドミラー、ラインベック、シャインガーネット、ストーンリッジ、ボンオムトゥックなどだ。

社台ファーム【0.3.2.13】は好走馬は多いが、勝ち馬はゼロ。社台ファーム産のサトノインプレッサにとっては気になるデータだ。

 

ノーザンファーム生産馬の人気別成績(過去10年)

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 4-0-0-2 66.7% 66.7% 66.7%
2 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
3 0-1-1-4 0.0% 16.7% 33.3%
4 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%
5 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
6 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
7~9 0-0-3-5 0.0% 0.0% 37.5%
10~ 0-1-1-9 0.0% 9.1% 18.2%

 

スポンサーリンク

ステップレースの成績は?

ステップレースはバラバラ。ニュージーランドT組【4.1.3.51】は好走馬が多いが複勝率は13.6%と低い。ニュージーランドTで1着だと【1.0.0.8】と散々な結果に終っている。今年のニュージーランドTの勝ち馬ルフトシュトロームにとってはイヤなデータだ。

桜花賞組【2.0.0.12】の成績もあまりよくない。ただし、桜花賞組がNHKマイルCで1or2番人気だと【2.0.0.2】レシステンシアにとっては安心できるデータといえるかもしれない。

毎日杯組【1.3.0.6】は連対率が40%と高い。毎日杯で1着だと【1.0.0.0】で、2010年にダノンシャンティが勝っている。今年の毎日杯優勝馬サトノインプレッサも勝てるだろうか?

アーリントンC組は【1.0.2.10】だが、現在の時期に移った2018年以降は【0.0.2.7】。2018、2019年と2年続けて人気薄(9、7番人気)が3着に入っている。今年のアーリントンCはタイセイビジョンが勝ち、ギルデッドミラーが2着、プリンスリターンが3着だった。

ファルコンS組【0.1.0.12】はあまり期待できない。1、2着馬シャインガーネットラウダシオンは苦戦するかもしれない。

前走のレース別成績(過去10年)

前走レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
ニュージーランドT 4-1-3-51 6.8% 8.5% 13.6%
皐月賞 2-1-2-14 10.5% 15.8% 26.3%
桜花賞 2-0-0-12 14.3% 14.3% 14.3%
毎日杯 1-3-0-6 10.0% 40.0% 40.0%
アーリントンC 1-0-2-10 7.7% 7.7% 23.1%
スプリングS 0-1-1-3 0.0% 20.0% 40.0%
ファルコンS 0-1-0-12 0.0% 7.7% 7.7%
橘S 0-1-0-12 0.0% 7.7% 7.7%
フラワーC 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
アネモネS 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
弥生賞 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
京成杯 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

 

スポンサーリンク

種牡馬別の成績は?

種牡馬別の成績ではダイワメジャー産駒【3.0.2.9】が好成績を残している。ダイワメジャー産駒はNHKマイルCで1or2番人気だと【3.0.0.1】と勝利する可能性が高い。レシステンシアにとっては安心できるデータだ。

ディープインパクト産駒【2.2.1.10】もまずまずの成績だ。ただし、前走勝利していると【1.0.0.3】と期待を裏切ることが多い。ディープインパクト産駒で前走毎日杯を勝利したサトノインプレッサにとっては気になるデータだ。

クロフネ産駒【2.1.0.5】も好成績を残している。過去クロフネ産駒で馬券に絡んだ3頭は母父がサンデーサイレンス系。今年の出走予定馬ボンオムトゥックも該当している。

種牡馬別成績(過去10年)

種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ダイワメジャー 3-0-2-9 21.4% 21.4% 35.7%
ディープインパクト 2-2-1-10 13.3% 26.7% 33.3%
クロフネ 2-1-0-5 25.0% 37.5% 37.5%
フジキセキ 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
サクラバクシンオー 1-0-0-5 16.7% 16.7% 16.7%
スズカフェニックス 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
マンハッタンカフェ 0-1-0-4 0.0% 20.0% 20.0%
ヨハネスブルグ 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
ロードカナロア 0-1-0-5 0.0% 16.7% 16.7%
マツリダゴッホ 0-1-0-4 0.0% 20.0% 20.0%
シンボリクリスエス 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
Speightstown 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
Harlan’s Holiday 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
キングカメハメハ 0-0-2-4 0.0% 0.0% 33.3%
アグネスタキオン 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
ステイゴールド 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0%
ハーツクライ 0-0-1-2 0.0% 0.0% 33.3%
チチカステナンゴ 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
ダンスインザダーク 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

 

スポンサーリンク

人気薄で激走する条件は?

過去5年、7番人気以下で馬券に絡んだ馬は以下の5頭。アーリントンCで2or3着、1600か1800mのレースで4、5着が共通点だ。今年の出走馬ではアーリントンCの2、3着馬はギルデッドミラープリンスリターンソウルトレインが1600mのニュージーランドTで5着、ボンオムトゥックがアーリントンCで4着だった。

7番人気以下の好走馬(過去5年)

馬名 人気 着順 前走 前走距離 前走着順
16 レインボーライン 12 3 ニュージーランドT 1600 5
17 リエノテソーロ 13 2 アネモネS 1600 4
18 レッドヴェイロン 9 3 アーリントンC 1600 3
19 ケイデンスコール 14 2 毎日杯 1800 4
19 カテドラル 7 3 アーリントンC 1600 2

 

スポンサーリンク

まとめ

データから総合的に見ると、人気が予想されるレシステンシアは勝利する可能性が高そうだ。サトノインプレッサタイセイビジョンは良いデータも悪いデータもあった。ルフトシュトロームは、ニュージーランドTの勝ち馬が結果が出ていない点が気になる。

それ以外の馬では、アーリントンC組のギルデッドミラープリンスリターン、クロフネ産駒のボンオムトゥックなどが面白いかもしれない。

競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
重賞予想とデータ
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド