【皐月賞2020】過去10年の人気とステップレースから傾向を探る

重賞予想とデータ
スポンサーリンク

今年は中山芝2000mで皐月賞が行われる。牡馬クラシックの第1弾はどんなレースになるだろうか? 過去10年のデータから傾向を占う。

スポンサーリンク
[最近の予想&的中情報]

【秋華賞】◎○×で3連単44110円的中
【セントウルS】◎△△で3連単88430円的中
【新潟記念】3連複6770円的中
【札幌記念】▲○◎で3連単10860円的中
【レパードS】▲○×で3連複14320円的中
【アイビスSD】▲○で馬連870円的中
【宝塚記念】○×で馬連3410円的中
【帝王賞】○◎△で3連単1870円的中
【ユニコーンS】◎○で馬連大本線的中
【エプソムC】データ分析で人気薄ならトーラスジェミニ(18番人気3着)を推奨
【安田記念】▲○◎で3連複、馬連的中
【鳴尾記念】×◎△で3連複7730円的中
【日本ダービー】コントレイル本命◎△ 馬連的中
【オークス】デアリングタクト本命◎× 馬連的中
【平安S】オメガパフューム本命◎×○ 3連複3000円的中
【ヴィクトリアマイル】○アーモンドアイ ×サウンドキアラ 馬連的中
【皐月賞】×コントレイル ○サリオス 馬連的中
【桜花賞】◎デアリングタクト ○レシステンシア 馬連1点目的中
【大阪杯】ラッキーライラック本命◎○押 3連単7810円的中!

出走予定馬と予想オッズ

人気を集めそうなのは、昨年末のホープフルSを完勝したコントレイル、弥生賞で力強い末脚を見せて勝利したサトノフラッグ、朝日杯FSで2着に2馬身半差をつけて快勝したサリオス。果たして3強決着となるのか、それとも?

予想オッズ 馬名 騎手
2.5 コントレイル 福永
3.5 サトノフラッグ ルメール
3.5 サリオス レーン
13 クリスタルブラック 吉田豊
13 ヴェルトライゼンデ 池添
17 マイラプソディ 武豊
24 ダーリントンホール M・デムーロ
52 コルテジア 松山
55 ラインベック 岩田康
65 ガロアクリーク ヒューイットソン
93 レクセランス 北村友
100 ビターエンダー 津村
110 キメラヴェリテ 藤岡康
110 ブラックホール 石川
280 サトノフウジン
370 ウインカーネリアン 田辺
600 テンピン 中井
600 ディープボンド 横山典
800 アメリカンシード

 

スポンサーリンク

人気の傾向は?

過去10年の平均配当は馬連が3505円、3連単は16万6628円とやや荒れ気味。馬券圏内30頭中、半分の15頭が1~3番人気。7番人気以下は9頭が馬券に絡んでおり、平均すると毎年約1頭は7番人気以下が馬券圏内に来ている。

人気別成績(過去10年)

人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1 3-2-1-4 30.0% 50.0% 60.0%
2 1-3-0-6 10.0% 40.0% 40.0%
3 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0%
4~6 2-3-1-24 6.7% 16.7% 20.0%
7~9 3-1-3-23 10.0% 13.3% 23.3%
10~ 0-0-2-83 0.0% 0.0% 2.4%

 

スポンサーリンク

ステップレースの成績は?

ステップレースは共同通信杯組【4.0.2.8】が4勝しており、複勝率は42.9%と高い。弥生賞組【1.5.2.34】は勝ち切れず、複勝率は19%と平均的。スプリングS組【3.1.2.36】は複勝率14.3%で、出走頭数のわりに成績はよくない。

前走のレース別成績(過去10年)

前走レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
共同通信杯 4-0-2-8 28.6% 28.6% 42.9%
スプリングS 3-1-2-36 7.1% 9.5% 14.3%
弥生賞 1-5-2-34 2.4% 14.3% 19.0%
毎日杯 1-0-0-10 9.1% 9.1% 9.1%
ホープフルS(G1) 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
若葉S 0-3-1-19 0.0% 13.0% 17.4%
アーリントンC 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
京成杯 0-0-2-2 0.0% 0.0% 50.0%
きさらぎ賞 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%

 

スポンサーリンク

共同通信杯組の成績は?

過去10年で4勝している共同通信杯組。共同通信杯での成績は1着【3.0.1.4】は複勝率50%だが、2着以下に敗れていると【1.0.1.4】とあまり成績がよくない。過去、共同通信杯で9着と大敗して、皐月賞で3着に巻き返した2011年のダノンバラードは武豊騎手が騎乗していた。今年の共同通信杯で4着に敗れたマイラプソディも武豊騎手が騎乗する。この共通点がどう出るか? ちなみに今年の共同通信杯はダーリントンホールが勝利した。

共同通信杯の着順別の成績(過去10年)

共同通信杯の着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 3-0-1-4 37.5% 37.5% 50.0%
2着 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
3着 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
4着 なし
5着 なし
6~9着 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
10着~ 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

 

スポンサーリンク

弥生賞組の成績は?

近年、成績が今ひとつの弥生賞組。弥生賞1着馬【1.3.0.5】は複勝率44.4%で、皐月賞も勝って連勝したのは2010年のヴィクトワールピサのみ。今年、弥生賞を制したサトノフラッグにとっては少し気になるデータだ。

弥生賞の着順別の成績(過去10年)

弥生賞の着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 1-3-0-5 11.1% 44.4% 44.4%
2着 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
3着 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
4着 0-2-0-1 0.0% 66.7% 66.7%
5着 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
6~9着 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%
10着~ 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

 

スポンサーリンク

レース間隔別の成績は?

昨年、サートゥルナーリアが暮れのホープフルS以来の競馬で勝利したように、最近はトライアルを使わずに、間隔をあけて皐月賞に臨む馬が多い。レース間隔別の成績では、レース間隔をあけている馬が複勝率が高く、中9週以上【1.0.4.13】は複勝率27.8%と優秀な成績だ。今年の出走馬では朝日杯FSを勝ったサリオスが中17週、ホープフルSの覇者コントレイルが中15週、京成杯の勝ち馬クリスタルブラックが中12週、きさらぎ賞の1着馬コルテジアが中9週だ。

レース間隔別の成績(過去10年)

間隔 成績 勝率 連対率 複勝率
中1週 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%
中2週 1-0-0-13 7.1% 7.1% 7.1%
中3週 3-4-3-56 4.5% 10.6% 15.2%
中4~8週 5-6-3-58 6.9% 15.3% 19.4%
中9週以上 1-0-4-13 5.6% 5.6% 27.8%
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
競馬ブログをまとめたサイトです。素晴らしい記事がたくさんありますので、チェックしてください。

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ




こちらのランキングに参加しております。応援クリックお願いします


にほんブログ村 競馬ブログへ
重賞予想とデータ
スポンサーリンク
たかにんをフォローする
公営競技徹底紹介ガイド